大切に使いたいものの一つ。

師走の後半ともなると、
家事の焦りが出てきます。

いろんなものを処分できればいいのですが、
なかなか捨てられないものがあります。

古くっても、愛用しているものは、
なかなか決心がつきませんね。

こうして、みんなに踏まれるマットも、
母が、私が高校生の時に履いていたジーンズとあまり布で作ってくれたもの。

c0136736_10401263.gif


洗うたびに、いい雰囲気になって、ますます使いやすいのです。

c0136736_10452687.gif


でも、かなり傷んできて、破れてしまってきています。

c0136736_10475671.gif


少し繕って、

やっぱりまだまだ現役で、みんなに踏まれてもらいます。
[PR]
Commented by shizumama0219 at 2012-12-30 22:26
お母様の愛情がたっぷりのキルトを今も大切になさっていらっしゃる
ミルスベンさんに拍手!
とっても素敵なお話をありがとう。
キルトは手を加えるほどに思い出も増しますね。
Commented by ミルスベン at 2012-12-31 20:36 x
◆shizumamaさんへ。
ありがとうございます♪母は、shizumamaさんのように、いろいろなものを手作りしてくれました。
わざわざ作らなくっても買った方が楽なのに~なんて思っていた時期もありましたが、さすがに、この一針一針を大切に作ってくれた母の姿を想像すると、
捨てられそうにないです。
本当にそうですね。私の一針を加えれば、母との共同作業になって、」また、思い出も増しそうですね♪
shizumamaさん、新しい年が、素敵な1年になりますように。
by akiwan2nyan2 | 2012-12-16 22:36 | 日々の暮らし | Comments(2)