ミリの居場所。


ミリが逝ってしまって、

魂が抜けたような1週間でした。

そこここに、ミリの気配が感じられ、

目の端に、ミリの姿が見えて。

廊下を横切ったような、

カウンターキッチンの方へ歩いて行ったような、

庭の隅に伏せていたり、

いるはずもないようなところにいて、

私が気が付くと、隠れてしまったような。

とうとう私がおかしくなってしまったのかと、思うほどです。




ミリは、亡くなる前日、2月13日(月)の午後あたりから、
半昏睡の状態になっていたと思います。

c0136736_22092657.gif


時折、うっすらと目を開けたり、
困ったときの表情、目頭の上のあたりに力を入れたり、
口角をあげて笑ったような表情になったりしていました。


c0136736_22091236.gif

たまらなく愛しかった。

夕方、夜、夜中とゆっくり、時間をかけて、呼吸が浅くなっていきました。

私が家事で動いている間は、ずっと息子Aが傍にいましたよ。


c0136736_22572508.gif


いよいよ呼吸が浅くなってきたときに、

寝てしまっていた息子Aを起こし、

ミリを息子の腕に抱かせました。

小さく、浅い呼吸がぴたりと止まり、それがミリの最後の呼吸になりました。

亡くなったミリを私が受け取ったとき、

ミリが大量のおしっこしました。

私の太ももに、あたたかい、あたたかいミリのおしっこが流れました。

生きた証のように感じました。


お花屋さんが開くのを待って、
菜の花を買いに行きました。

c0136736_23001846.gif

菜の花の咲く散歩道を、歩くことなく逝ってしまったから。



c0136736_22272537.gif

2月15日(水)、

荼毘にふしました。

この日は、快晴。

c0136736_23084975.gif

きっと、ミリは、

わーーい!と言いながら、昇って行ったと思います。

不自由になってしまった身体から解放されて、

c0136736_23091399.gif
元気だったころのミリに戻って、

先に逝ってしまったお友達や、

猫の『カツラ』にも会うことができたでしょう。

晩年は、いろんな病気になってしまったけれど、

元々、社交的で、フレンドリー、

それに加えて、チャレンジャーでした。

目が見えないにもかかわらず、探検が大好きで、

ご近所さん方には、

ミリちゃん、チャレンジャーやねぇ~、と感心されてたんですよ。


c0136736_23084597.gif


ミリ、大好きよ。


c0136736_23194489.gif

息子Aの初めての兄弟になってくれて、ホントにありがとう。


c0136736_23195292.gif


虹の橋の向こうの世界と、

ミルスベン家を行ったり来たりしてほしいな。

c0136736_23203997.gif
あちこち、嗅ぎまわれるように、

整えておくからね。


それから、必ず、ママも行くから、

ママが行く頃には、虹の橋のたもとで、待ち合わせだよ、約束ね。


ミリ、

私の2番目の息子になってくれて、

ホントにありがとう。



c0136736_23543772.gif

僕のことを、
ずっと見守ってくださったみなさん、
本当にありがとうございました。


病気を抱えてるわんちゃん、ねこちゃん。
病気なんて怖くないさ。
家族がいてくれたら、
怖いことなんてないんだよ。

emoticon-0152-heart.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0152-heart.gif










[PR]
by akiwan2nyan2 | 2017-02-22 00:26 | 犬(ミリ)(糖尿病犬) | Comments(21)


ミリ、

2月11日(土曜日)~12日(日曜日)にかけて、

痙攣の重積発作を起こし、

2月14日(火曜日)バレンタインデーの早朝4時50分に、

静かに息を引き取りました。

13歳7か月でした。


c0136736_13385287.gif
             
                お先に、探検に行ってきますよ~。




ミリ、かっこつけちゃって、

バレンタインデーに逝っちゃうなんて。




c0136736_13400218.gif


虹の橋の向こうは、きっとお花がいっぱい。


ミリ、大好きよ。



後日、また、ミリの様子を、

記録に残したいと思います。



















[PR]
by akiwan2nyan2 | 2017-02-14 13:45 | 犬(ミリ)(糖尿病犬) | Comments(34)

何度でも、何度でも!

少し、平和な日々が続いていました。

c0136736_14430229.gif
ミリも、ひっくり返りながらも、

c0136736_14425764.gif
歩くようになって、

c0136736_14424972.gif
自分で立って、ご飯を食べるようになっていました。


c0136736_14434117.gif

なのに、

2月4日(土)の午後から、

痙攣が続き、

手持ちのお薬では効果がなく、

動物病院で、少し強めの抗痙攣剤の静脈注射をしていただきました。

それでも、4時間ほどしか効果がなく、

その後も数回、座薬を使用しながら、経過を観察していました。

2月4日(土)の午後から、2月5日(日)の正午までに、

大きな、硬直性の痙攣が計11回。

ようやく痙攣は落ち着きましたが、

今は、脳がスパークしている状態で、

おかしな不随意運動が見られます。

頭をぐるぐるしたり、口をぱくぱくしたり、

前脚をパンパンと打ちつけたり。

もちろん、立つことはできません。



食事量も減り、血糖値のコントロールも難しい、

抵抗力も、体力も落ちてきているので、

今後どうなることかと心配にはなります。

食事や水分に関しては、

無理やりにご飯を食べさせるのではなく、

口元に持っていき、

少し食べるのなら、ぷいっとするまで、食べさせてみようと思って準備しました。

シリンジ(針のない注射器)で、口腔内に流動食をいれると、

むにゃむにゃと。


(スマホ画像)

後ろのごちゃごちゃや、
ミルスベンの映り込みは、
軽くスルー、いえ、絶対に、スルーしてくださいね!!!


c0136736_14283660.jpg

早く、早く、と言わんばかりに、


注射器本体を噛んで離さず。
c0136736_14300767.jpg

結局、手づかみでのサポートになり、

ミルスベンの指をも咀嚼。


c0136736_14305305.jpg
痛いけれど、嬉しい悲鳴です。



ミリのこの根性は、

ミルスベンのしつこさに似ているんじゃないかと思えてきました。


もう、20回以上トライしているアボカドの栽培。


c0136736_15060452.gif
1度も発芽したことがないのです。



c0136736_15060908.gif
それでも、アボカドを食べるたびに、

発芽させるのに挑戦しているんです。


もう、無理なんちゃうん?

と、男性陣には呆れられていますが、

1度くらいは、発芽させてみたいのです。。。。。


話はそれましたが、

c0136736_15062010.gif
ミリの根性は、ミルスベンと同じかもね。

c0136736_15062793.gif

                    みなさん。
               ママしゃんに、
         アボカドの発芽のコツを教えてあげてください。




















[PR]
by akiwan2nyan2 | 2017-02-06 15:51 | 犬と猫 | Comments(17)