ブログトップ

みんなと一緒。

akiwannyan.exblog.jp

ミリとのこれから。

あれから丸4年過ぎました。

打ったインシュリンの回数も3000回を超えたように思います。

命をつなぎとめているのは、インシュリンです。

血糖値をコントロールすれば、本来の寿命をまっとうできると思っています。


c0136736_1374280.gif


確かに、糖尿病による合併症はあります。

糖尿病性白内障で、あっというまに、視力を失ったのもそうです。

血液がお砂糖でドロドロになるのですから、血液の循環が悪かったり、

血栓ができて、それが、あちこちにとんでしまうと、

様々な致命的な合併症が起ってくるのです。

肝臓、膵臓、腎臓の機能も、ずいぶん悪化していますが、

ミリは、毎日を、平凡に、普通に、穏やかに過ごしています。

ミリは、お散歩を楽しみ、

食事を楽しみ、

家族との時間を楽しんでいます。

家族以外の方からの温かな手のぬくもりも知っていますし、

優しい声掛けには喜んで反応します。



こんなナイスなミリと、

これからも一緒に年を重ねていけるなんて、

本当に楽しみです。

c0136736_1311622.gif

          ママしゃんが、先に老けそうですよ~

老けません!!!!!
[PR]
by akiwan2nyan2 | 2013-01-23 13:14 | 犬(ミリ)(糖尿病犬) | Comments(4)
Commented by mocomocolight at 2013-01-23 22:51
こんな歴史を辿っておられたのですね。
読みながら、涙がとまりませんでした。
ミリちゃんもママさんも、本当にがんばりましたね。
「みんなと一緒」というブログのタイトルの意味が胸に迫りました。
これからもみんなと一緒ですね(^-^)
Commented by ミルスベン at 2013-01-24 19:17 x
◆mocomocolightさんへ。
この時は、本当に悲しくて、もうすぐにでも死んでしまうんじゃないかと、悲しみに暮れてしまいました。
今は、ミリと糖尿病が共存していますから、私は、この状況のバランスを崩さないように、見守ってる状態ですよ^^
1日2回のインシュリンの注射があるので、なかなか、長時間のお出かけはできないですが、
どうしても私が留守になるときは、獣医さんや、友人にお願いしています。
もう、飼い主って感じじゃなくなりますね。ほんと、家族だ~って、痛感します。
ミルスベンのハンドルネームは、ミりのミ・ルカのル・スピカのス・ベガのベ・そして最後に家族になったセレンのンです。
Commented by bluemoon-aroma at 2013-01-25 11:44
ミリちゃんのこと、4年前の記事も読ませてもらって、涙・・。
ミリちゃんも、ママさんも、前向きに頑張って、今があるのですね。
ミルスベンさんのハンドルネームの意味って、そういうことだったのですね~。
Commented by ミルスベン at 2013-01-25 15:34 x
◆bluemoon-aromaさんへ。
読んでくださって、ありがとうございます。
あのころは、本当に悲しくって、、、。今は、インシュリンの生活が当たり前になって、ミリと私とインシュリンで一セットです。
五歳での発症でしたので、若年型。避けられなかったのだと、今はわかります。
とっても穏やかに、生活できていますし、どこのご家庭のシニア犬と、変わらない感じです。
はい、単純なハンドルネームなんですよ^^セレンを最後に迎えた時は、
これ以上は増やさない、ということで、ンで、締めくくりました^^
<< インフルエンザ。 お風呂。 >>