ミリの居場所。


ミリが逝ってしまって、

魂が抜けたような1週間でした。

そこここに、ミリの気配が感じられ、

目の端に、ミリの姿が見えて。

廊下を横切ったような、

カウンターキッチンの方へ歩いて行ったような、

庭の隅に伏せていたり、

いるはずもないようなところにいて、

私が気が付くと、隠れてしまったような。

とうとう私がおかしくなってしまったのかと、思うほどです。




ミリは、亡くなる前日、2月13日(月)の午後あたりから、
半昏睡の状態になっていたと思います。

c0136736_22092657.gif


時折、うっすらと目を開けたり、
困ったときの表情、目頭の上のあたりに力を入れたり、
口角をあげて笑ったような表情になったりしていました。


c0136736_22091236.gif

たまらなく愛しかった。

夕方、夜、夜中とゆっくり、時間をかけて、呼吸が浅くなっていきました。

私が家事で動いている間は、ずっと息子Aが傍にいましたよ。


c0136736_22572508.gif


いよいよ呼吸が浅くなってきたときに、

寝てしまっていた息子Aを起こし、

ミリを息子の腕に抱かせました。

小さく、浅い呼吸がぴたりと止まり、それがミリの最後の呼吸になりました。

亡くなったミリを私が受け取ったとき、

ミリが大量のおしっこしました。

私の太ももに、あたたかい、あたたかいミリのおしっこが流れました。

生きた証のように感じました。


お花屋さんが開くのを待って、
菜の花を買いに行きました。

c0136736_23001846.gif

菜の花の咲く散歩道を、歩くことなく逝ってしまったから。



c0136736_22272537.gif

2月15日(水)、

荼毘にふしました。

この日は、快晴。

c0136736_23084975.gif

きっと、ミリは、

わーーい!と言いながら、昇って行ったと思います。

不自由になってしまった身体から解放されて、

c0136736_23091399.gif
元気だったころのミリに戻って、

先に逝ってしまったお友達や、

猫の『カツラ』にも会うことができたでしょう。

晩年は、いろんな病気になってしまったけれど、

元々、社交的で、フレンドリー、

それに加えて、チャレンジャーでした。

目が見えないにもかかわらず、探検が大好きで、

ご近所さん方には、

ミリちゃん、チャレンジャーやねぇ~、と感心されてたんですよ。


c0136736_23084597.gif


ミリ、大好きよ。


c0136736_23194489.gif

息子Aの初めての兄弟になってくれて、ホントにありがとう。


c0136736_23195292.gif


虹の橋の向こうの世界と、

ミルスベン家を行ったり来たりしてほしいな。

c0136736_23203997.gif
あちこち、嗅ぎまわれるように、

整えておくからね。


それから、必ず、ママも行くから、

ママが行く頃には、虹の橋のたもとで、待ち合わせだよ、約束ね。


ミリ、

私の2番目の息子になってくれて、

ホントにありがとう。



c0136736_23543772.gif

僕のことを、
ずっと見守ってくださったみなさん、
本当にありがとうございました。


病気を抱えてるわんちゃん、ねこちゃん。
病気なんて怖くないさ。
家族がいてくれたら、
怖いことなんてないんだよ。

053.gif066.gif053.gif










[PR]
by akiwan2nyan2 | 2017-02-22 00:26 | 犬(ミリ)(糖尿病犬)